• ホーム
  • ハウスメーカーの資料請求は絶対にやるべき!

ハウスメーカーの資料請求は絶対にやるべき!

2020年06月08日

注文住宅で家づくりに臨むときに大切なのは、情報収集です。注文住宅ではとりわけハウスメーカー選びは大事で、最終的に満足できるマイホームを手に入れることが出来るか出来ないかは、どのメーカーに依頼するべきかで多くは、左右されるからです。現在では専門のポータルサイトがいくつも存在するので、最新の情報や知見にアクセスするのは簡単になっています。

しかし現在にあってもハウスメーカーのカタログを手にすることには、色々なメリットがあります。例えばハウスメーカーのカ自社商品を紹介しているタログが手元にあると、複数のメーカーの住宅の特徴や価格などを比較することができるだけでなく、家族同士で理想の家づくりについての具体的にイメージを持ちながら、より地に足のついた話し合いをすることも可能になります。しかし複数のハウスメーカーのカタログや資料を入手するのは大変です。資料集めするには実際に、各メーカーが主催している住宅展示場に足を運んで担当者から入手するのが一般的です。実際に足を運ぶことで、実物のデザインや各社の得意な工法なども目の当たりに出来るメリットがありますが、アンケートに答えることが必要であったり、担当者の営業活動に付き合うことが余儀なくされるなどデメリットもあります。このような面倒を回避しようとすれば、ハウスメーカーにインターネットを通じて資料請求をする方法も可能です。とはいっても手間の面に直目すれば、直接訪問するほどではないにしても手間がかかるのは確かです。

このような手間と時間をかけないでカタログや資料を入手するのに、おすすめなのはハウスメーカーのカタログの一括請求サイトを利用することです。一括請求サイトでは、全国のメーカーや工務店が登録されており、自分の近隣の複数の業者からカタログ類を一括で入手することが出来ます。使い方は簡単で利用するサイトに登録し、建築予定地や予算などを入力するだけで、サイト経由にて、各社に一括請求されるため、複数のハウスメーカーのカタログ類を入手することが叶います。もちろんどのサイトを利用しても料金は発生しません。スマートフォンやパソコンなどのインターネットを利用できる環境であればどこからでも申し込むことが出来ます。坪単価や得意な工法なども、カタログをみて初めて認識することも多いので、一括請求サイトを利用することは注文住宅の建築を検討するにあたっては必須の作業といえるでしょう。

関連記事
マイホームで庭を作るメリット・デメリット

マイホームを建築するにあたっては、庭を造るべきかどうするかは悩ましい問題です。庭のある一軒家はマイホームの理想像の典型です。最近ではイギリスなどのガーデニングが紹介されてこともあり、一戸建てはもちろんマンションでも庭付きの物件の人気は高くなっており競争率も高くなっているそうです。しかし一方であえて庭

2020年10月03日
土地を見学するときに見ておきたいポイント

大手のハウスメーカーのなかには、注文住宅を検討するにあたって土地の購入までサポートする会社も存在しています。メーカーの系列会社の不動産会社と提携し、土地探しから注文住宅を扱っていることがあるわけです。もちろん自分で不動産会社に依頼して土地をさがす方もいるはずです。その場合現地に赴いて本当にマイホーム

2020年08月29日
断熱材にかかる費用を節約してはいけない理由

最近では二酸化炭素排出量の削減が地球環境保護の観点で検討される機会が多くなったことから、マイホームの断熱性能の重要性が叫ばれるようになってきました。断熱性能に劣る住宅では、当然のことながら空調費用がかさみ、比例して電力消費なども増加することになるからです。しかし実際のところ断熱性能の重要性や意義、断

2020年07月24日
暮らしに安心を求めるならウィザースホーム

ウィザースホームは千葉県下を中心に大手不動産会社の新昭和が展開する、ハウスメーカーの一つです。長きにわたり快適に暮らしてゆける高品質の住宅を提供することで、多くのオーナーからも支持されており評判を集めています。外壁タイルや24時間計画換気システムなど、独自の商品やシステムも開発しています。かねてより

2020年05月03日
カナダの輸入住宅が魅力的なセルコホーム

セルコホームは、住宅先進国の一つカナダからの輸入住宅のパイオニア的存在のハウスメーカーです。地球環境問題などが問題視されている現在では、住宅に対しても高断熱・高気密性を求めるのが当然の流れになっています。しかしセルコホームは現在ほど断熱性能や空調効率などに注目がさほど集まるわけでもなかった20年以上

2020年05月19日
ブログでハウスメーカーの体験談を探そう

注文住宅の建築をする際には施主もある程度、イニシアチブをとったり建築家やハウスメーカーの担当者と密な連絡をとるなど、積極的に行動することが求められます。予算をいくらにするのか、デザインはどこまでこだわるべきか、何に予算を重点的に割り振るべきかなど検討する課題は多岐にわたります。建築後はやり直しがきか

2020年06月27日
ZEH住宅に注力しているヤマダホームズ

ヤマダホームズは従来は、ヤマダエスバイエルの社名でしたが、2018年9月1日をもって上場廃止されて、大手家電量販店のヤマダ電機により子会社化されています。親会社が家電量販大手のヤマダ電機であることも影響して太陽光発電やオール電化など、家電製品と住宅の機能面での一体化などに積極的に取り組んでいます。ヤ

2020年04月17日
坪単価の安いハウスメーカーを選べば成功するわけではない

注文住宅を建築するのに最大の考慮要素は、予算なのは言うまでもありません。ハウスメーカーや工務店などは日本全国に中小も含めれば選択するのに困るほどの数多くの事業者が存在しています。予算の枠内で納めようとすれば、坪単価が低いハウスメーカーをピックアップして比較するなかで選択するというのも有力な選別法なの

2020年04月05日