• ホーム
  • 坪単価の安いハウスメーカーを選べば成功するわけではない

坪単価の安いハウスメーカーを選べば成功するわけではない

2020年04月05日
きれいなマンション

注文住宅を建築するのに最大の考慮要素は、予算なのは言うまでもありません。ハウスメーカーや工務店などは日本全国に中小も含めれば選択するのに困るほどの数多くの事業者が存在しています。予算の枠内で納めようとすれば、坪単価が低いハウスメーカーをピックアップして比較するなかで選択するというのも有力な選別法なのは確かです。しかし単純に坪当たりの単価が安いメーカーに依頼しても希望の条件に合致した注文住宅を、手に出来るとは限らないのが現実。それではどのような点に注意してハウスメーカーを選択するべきなのかが問題になります。

まず抑えておくべきなのは、坪単価の算出方法自体が統一した尺度が採用されていない点です。坪単価は建築価格を延べ床面積で割って1坪あたりの建築費用が計上されているのが一般的な趨勢といえます。しかしなかには、ポーチや吹き抜けなど居住空間には含まれない部分も含んだ総施工面積で割った価格で提示されていることもあるのです。ハウスメーカーごとに異なる坪単価が提示されているのは、このような事情が背景に存在しているので、比較するだけでは条件にかなった注文住宅に仕上がらないリスクもあります。水回りや空調などの各種設備類や、エクステリア工事などの工事費用は別途必要になるので、ハウスメーカーに依頼するときには、坪単価を持って事前にどのような内容を含んでいるのかを担当者から確認をとっておく必要があるわけです。

坪単価を左右する設備では、トイレやキッチンなどの水回り設備が重要です。ハウスメーカーによりどの程度の設備を標準仕様に採用しているかにより、現実に必要となる総額は大きく変動することが良くあるためです。例えば坪単価を安くするために、標準仕様を低くしているハウスメーカーに依頼すると、快適な日常生活を送るグレードに仕上げるには大幅なグレードアップを余儀なくされることもあります。注文住宅を建築するときは、自分がどの程度の設備が必要なのか、標準仕様だけで満足できる生活を送れるのかは事前の確認が必須です。

そして坪単価に影響を与える要素に、外観や外装があります。建築する住宅の形が凸凹が多いような外観では、それだけ手間も工賃も嵩むことになるのです。坪単価を抑えるにはシンプルな形が最適ですが、どの程度のデザイン性を要求するのかは価値観も大きく影響する部分です。大切なのは注文住宅を建築するのに必要な費目を把握しておき、妥協できる部分とそうではない部分のメリハリをつけることにあります。

関連記事
カナダの輸入住宅が魅力的なセルコホーム

セルコホームは、住宅先進国の一つカナダからの輸入住宅のパイオニア的存在のハウスメーカーです。地球環境問題などが問題視されている現在では、住宅に対しても高断熱・高気密性を求めるのが当然の流れになっています。しかしセルコホームは現在ほど断熱性能や空調効率などに注目がさほど集まるわけでもなかった20年以上

2020年05月19日
暮らしに安心を求めるならウィザースホーム

ウィザースホームは千葉県下を中心に大手不動産会社の新昭和が展開する、ハウスメーカーの一つです。長きにわたり快適に暮らしてゆける高品質の住宅を提供することで、多くのオーナーからも支持されており評判を集めています。外壁タイルや24時間計画換気システムなど、独自の商品やシステムも開発しています。かねてより

2020年05月03日
ZEH住宅に注力しているヤマダホームズ

ヤマダホームズは従来は、ヤマダエスバイエルの社名でしたが、2018年9月1日をもって上場廃止されて、大手家電量販店のヤマダ電機により子会社化されています。親会社が家電量販大手のヤマダ電機であることも影響して太陽光発電やオール電化など、家電製品と住宅の機能面での一体化などに積極的に取り組んでいます。ヤ

2020年04月17日